敷地16坪で叶えたビルトインガレージのある暮らし

東京都品川区平塚/E様邸

2020年
東京都品川区平塚
工法/木造軸組工法
総建築費/非公開
建築面積/36.34㎡(11.01坪)
仕様/低炭素住宅・耐震等級3・ビルトインガレージ

一目で違いの分かるシャープな外観

外壁には、60か国以上で使われ、世界シェアNo.1を誇るトップブランド「sto社」の塗り壁材を採用。劣化原因となる目地を露出しない手法で仕上げているため、意匠性に加えてメンテナンス性でも優れている点が特長です。トップコートには撥水作用のある塗料「ロータソン」を塗ることで、汚れの付着を抑え、新築時の美しさを長期間に渡って保つことが可能になります。あわせて、本物の木が持つ風合いを楽しめるアクセントパネルを窓のラインに揃えてデザイン。スッキリとした印象に加え、雨垂れによる汚れ防止も期待でき、一石二鳥の仕上げになっております。遠くから見ても、他との違いが一目でわかるシャープな外観です。

敷地を上手に活かし、ビルトインガレージを実現

狭小住宅のウィークポイントは、やはりその広さ。駐車スペースを確保するのも一苦労なのですが、今回はビルトインガレージを実現し、雨の日でも濡れずに乗車・下車が可能に。玄関ドアの横にはストレージを設計し、デッドスペースが生まれないよう工夫しました。アウトドアグッズなど家の外で保管したいものは、こちらに気兼ねなく収納できます。

吊り階段で数値以上の広がりが生まれた玄関スペース

壁の代わりにアイアンで踏み板を吊り、蹴込みを省くことで、視線がスーッと奥に抜けて不思議と空間全体が広く見える設計。わたしたちアースの得意技でもある、このアイアン吊りの階段。無駄なモノを削ぎ落した先に残るシンプルな潔さとともに暮らす、心理的な豊かさも享受することができます。階段の下は、使いやすく、見た目も良く、できるだけたくさんの靴が収納できるようにデザインしたシューズクローゼットを備えました。

家族全員分の衣類を収納できるウォークインクローゼット

「ただいま!」の声と同時に、コートや荷物を収納できるウォークインクローゼットは、家族の動線をイメージしながら玄関の近くに設計。家族全員分の衣類を収納するに十分な広さを備え、棚板は可動式にすることで様々なサイズのアイテムにも対応できるつくりに。海外のインテリアを彷彿とさせるストライプのアクセントクロスで、家族全員のお気に入りの場所になりました。

天井高を工夫した子ども部屋

1階の子ども部屋は、天井高を確保するために床レベルを調整。廊下から下がった空間にすることで、圧迫感を感じない天井の高さを叶えました。床材は柔らかくて足触りのよいパインの無垢材を採用。経年によって味わい深い飴色に変化していくプロセスも楽しめる樹種になります。

コーナーを無駄なく使ったTVボードのあるリビング

2階のリビングは、コーナーに斜めのTVボードを造作。壁のラインとは異なる角度にTVを配置することで、空間に斜めの動線が生まれます。真っすぐ抜ける動線も魅力的ですが、一部斜めの動線が入り混じることで、空間に広がりを感じられる視覚作用を得ることができます。また、採光のための窓を空間の高い位置に設けることで、十分な明るさを確保する工夫もしています。

造作家具で動線を最適化したダイニングスペース

狭小住宅の大きな悩みの一つに、既成の家具が入りづらいというボトルネックがあります。そこで、わたしたちアースではミリ単位で寸法調整できる造作家具をご提案しております。例えば、家族がイスに座っていてもその後ろを十分に通れる広さを確保するために、ダイニングテーブルの奥行きを調整したり、壁に備えた本棚やスタディカウンターなど、コンパクトな暮らしではあらゆる場面において造作家具のメリットが活きてきます。

ゲストをスマートにおもてなしできる伸縮式ダイニングテーブル

普段の生活動線に配慮しながら、ゲストをおもてなしする際には広く使えるダイニングテーブルをご提案しました。シーンに応じて伸縮できる造作家具は、様々な場面で活躍します。普段は4人掛け、展開時には10人以上が掛けられるテーブルに早変わり。

造作家具に囲まれたお気に入りのスペース

限られたスペースを最大限に有効活用し、カウンターや本棚、収納、飾り棚などを造作した空間。そのすべてが無駄なく空間にマッチしているため、見た目の美しさでも既製品にはないレベルを実現しています。カウンターや収納棚の高さを揃え、壁と飾り棚の端を揃えるなど、細部までこだわりぬいたデザインが特長です。また、本物の木を使用しているため、時間の経過に応じて味わいが増していく点も魅力の一つ。

「見せる、しまう、使う」を意識したキッチン背面収納

キッチンの背面収納(カップボード)は、使い勝手と見た目の美しさを両立したデザインに。食器や調理家電を収められるだけでなく、ダストボックスなどの配置も考えてカウンターや棚のレイアウトを設計。床から天井までつながるハイドアで、収納のなかを隠すこともできる仕様になっているため、急な来客があった時にもスッキリとした状態で迎え入れることができます。

シンプルさとほどよいアクセントが心地よいトイレ&手洗いスペース

ミニマルな空間に仕上げたトイレスペースは、床材を斜めに張ることで単調になりやすい空間にアクセントをつけています。また、各壁面の壁紙を変えることで視覚的な動きを演出している点もポイントです。しかし、色数を抑えているため、うるさくなりすぎず、シンプルななかにちょっとしたアクセントが効いた空間に仕上がっています。手洗いスペースもトイレ同様、同じトーンマナーで仕上げて、統一感を意識しました。お気に入りのタイルを採用した、世界に一つだけの空間です。

明るく清潔感のあるサニタリーは、落ち着いた雰囲気に

窓からたくさんの自然光が差し込む、3階のサニタリースペース。白を基調とし、落ち着いたカラーコーディネートで清潔感とラグジュアリー感の漂う空間に。洗面スペースは勾配天井を計算し、無駄なくカウンターを設けたレイアウトが特長です。

しっかりと体を休める色使いのベッドルーム

主寝室はブラウン(ブラックウォルナット色)とグレーを基調に、落ち着いた色味に統一することで、しっかりと体を休めることのできる空間づくりを心がけました。オープンタイプの収納と、勾配天井によるデッドスペースを使った収納を備えています。

周囲の視線を気にせず、東京の空を思う存分味わえるバルコニー

3階には陽当たりのよいバルコニーを設計。近隣からの視線に配慮しながら、東京の空とつながれる空間としてデザインしました。夏はプールやを楽しんだり、アウトドアテーブルを持ち出せばランチも楽しめる空間です。

敷地15坪で叶えた『全部入り』の暮らし

敷地16坪で叶えたビルトインガレージ付き3階建て

YOUTUBEアプリを利用しVRヘッドセット(スマートフォン再生)を利用したり、フリック操作をしていただくことで、住宅を360°ご覧いただけます。

関連おすすめ建築実例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。

簡単・無料資料請求