敷地15坪で叶えた屋上バーベキューを楽しむ暮らし

東京都江戸川区松本/S様邸

アウトドアが大好きなご家族のために、遠出しなくても気軽に外空間を楽しめる屋上のある暮らしをご提案しました。バーベキューや子どもとの時間が増え、暮らしのなかに新たな楽しみが増えました。

2019年
東京都江戸川区松本
工法/木造軸組工法
総建築費/2,900万円(税抜)
建築面積/29.58㎡(8.96坪)
仕様/低炭素住宅

黒と木の相性がマッチした外観

遠くからでも一目でわかる印象的な外観。世界No.1シェアを誇る塗り壁材「sto」を採用し、ベテランの左官職人によって丁寧に仕上げました。表面には「ロータス効果」と呼ばれる蓮の葉の自浄作用を有する仕上げ材「ロータソン」を塗ることで、汚れの原因となる砂ぼこり等を雨で洗い落とし、新築当時の美しさを長期に渡って保つことができます。また、玄関前のファサード、2階・3階の軒裏には天然木パネル「ウィルウォール」を鎧張りし、立体感のある仕上がりに。

デッドスペースを収納に活かした玄関

ファサードの裏にはアウトドアアイテムを収納できる棚を備えました。棚はお好みの高さに変更できるため、様々な形状のアイテムを柔軟に収納できる点が特長です。また玄関ドアは、LIXILの防火戸FG-Eエルムーブ(ハンドダウンチェリー)をチョイス。ファサードに合わせた色味に統一しました。

機能的でありながら開放感を実現したエントランス

玄関扉を開けると広がるエントランスは、抜け感を意識したデザインによって、限られたスペースを広く見せる工夫をしています。アイアンのボルトを使った吊り階段は、視線の抜けを生みだします。床から上げた造作のシューズボックスは、開放感を生みだし、必要十分な機能は満たしながらスッキリとした印象に。階段下を土間にすることで、土足で使えるエリアを最大限確保し、オーナーのライフスタイルを加味したエントランスの使い方をご提案しました。

床下収納を備えた和室空間

フチのない目積畳(めせきたたみ)でスッキリとした空間に仕上げた和室。すべての畳の下を収納として設計し、居住スペースにモノが溢れない暮らしをサポート。テレビを掛けた壁は、視認性を向上させるため、濃い色の壁紙(クロス)で仕上げています。

くつろぎの時間を楽しむ造作バスルーム

タイルにこだわった造作のバスルーム。モノトーンの落ち着いた配色で、くつろぎのバスタイムを演出。

シンプルさを追求した造作洗面台

お好みのボウルと水栓金具をセレクトしてつくる、造作の洗面化粧台。既製品では叶えられないシンプルさと、かゆいところに手の届く収納棚が魅力。

清潔な「白」をベースにしたLDK

2階のLDKは、白を基調とした清潔な空間に。床材はLIXILのラシッサS(クリエホワイト)を採用。壁や柱で各ゾーンを隔てることなく、ひとつながりにすることで、家族のコミュニケーションがとりやすいレイアウトに。音楽が好きな奥様の家事が楽しくなるよう、天井には埋め込み式のスピーカーを。スマートフォンと接続して、いつでもお気に入りの音楽を浴びながら暮らすことができます。

世界でたったひとつのオリジナルTVボード

オリジナルのテレビボードは、ゴチャゴチャした配線問題を解決したシンプルデザインに。背面には調質作用や消臭効果のあるLIXILのエコカラットを採用。見た目だけでなく機能性も両立している点がポイントです。ボード上部には間接照明も備え、夜間のテレビ視聴をサポート。さらに、床と天井面にはスリットを設けることで圧迫感を減らし、開放的なテレビライフを送れるよう工夫しています。

床に腰を下ろしてくつろげるリビング

リビングは段差のない畳敷きとして、腰を下ろしてくつろげる空間をデザイン。半畳ずつ色を変えて市松模様にすることで、モダンな雰囲気を演出しました。畳の下は収納として利用することができます。

料理がはかどるキッチンスペース

敷地形状に合わせて、長手方向に沿うよう配置したキッチン(Panasonic ラクシーナ)。隙間にピッタリと収まる調理家電の収納棚と組み合わせて、使い勝手の良いキッチンエリアに。内装のイメージを壊さないよう、モノトーンのカラーをセレクトしました。

配線問題を解決したスライドカウンター

調理家電を載せるカウンターは、配線が隠れるようにデザインしてほしいという奥様のリクエストに応えて生まれました。スライド式の天板の背面にスリットを設けることで、コンセントの配線がそこに収まるように設計しています。木の持つ風合いと強度を両立するため、タモの集成材を採用している点もポイント。

シンプルな吊りボルト収納

ルーターをはじめとする電気機器を収納するオリジナルの収納棚。アイアンの吊りボルトで支えるスッキリとした印象の仕上がりに。

光や風を通す抜け感のある階段

階段の蹴込みを省くことで、光や風の通り道にもなる階段。暗くて狭さを感じがちなスペースを、アイデアによって明るく開放的な空間へと変化させました。

将来を見据えて分割できる子ども部屋

可動式の収納を動かすことで、2つに仕切ることのできる子ども部屋。あらかじめ建具を2つ備えて、いつでも分割に対応できる状態に。床はオークの無垢材を採用し、北欧風のインテリアに仕上げました。

いつもの景色に天然木の味わいをプラス

バルコニーの軒裏はチャネルオリジナル「ウィルウォール」を鎧張りで仕上げています。窓から眺める景色に「木」という要素が追加され、経年によって味わいが深まっていく様子も楽しみながら暮らせる演出です。国土交通省の認可を受けた、準防火地域・防火地域で使用できる唯一の天然木パネルです。

省スペースで屋上プランを叶えるアイデア螺旋階段

厳しい建築条件のなかで屋上プランを叶えるために、螺旋階段を造作。省スペースでも安全に屋上まで登りきることのできるデザインが特徴です。

毎週末が待ち遠しい。バーベキューや水遊びを楽しめる屋上。

オーナーご家族がどうしても叶えたかった屋上。人工芝を敷き、ベンチを置くことで、まるで公園のような居心地の良さを実現しました。温水の出る水栓や電源も備えているため、バーベキューや水遊びなど気軽に楽しむことができます。

関連おすすめ建築実例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。

簡単・無料資料請求