サイドラインが美しい二世帯ゼロエネルギー住宅

千葉県松戸市八ヶ崎/O様邸

接道に対して高低差のある土地を上手に利用した、サイドラインが美しい二世帯住宅。ZEH取得で環境やエネルギー問題に対しても、十分な配慮をおこないました。

2020年
建物/戸建て
市区町村/千葉県松戸市八ヶ崎
施工価格/非公開
施工箇所/新築

1.【3/2】解体工事

解体工事が始まります。



2.【3/18】解体工事

解体工事も終わりに近づいてきました。

3.【3/28】地鎮祭

解体工事が終わり地鎮祭をおこないました。

これから本工事が始まります。

お施主様の想いをカタチにするべく協力業者一同、身を引き締めてまいります。

4.【4/3】基礎工事

基礎工事が始まりました。

5.【4/6】基礎工事

捨てコンクリートが終わり配筋工事作業に入りました。

捨てコンクリートとは基礎の『墨だし』作業をしやすくするためや
基礎を乗せる面を良好な状態にするために捨てコンクリートを打ちます。

配筋とは鉄筋を切ったり曲げたりして結束線で固定しながら組み立てることです。

6.【4/11】基礎工事

配筋工事が終わりました。

配筋工事が終わると基礎の床(ベース)にコンクリートを打設します。

7.【4/11】基礎工事

コンクリート打設中はバイブレーターと呼ばれる振動機を用いて
コンクリートを隙間なくいきわたらせます。

8.【4/15】 基礎工事

基礎床(ベース)が乾きましたら立ち上がり部分の型枠を組んでいきます。
組み終わると生コンの打設する工程です。

9.【4/18】基礎工事

基礎立ち上がりのコンクリートが乾いてきたら型枠のバラシにはいります。

10.【4/21】大工工事

『土台敷き』 
上棟前に土台を敷設します。
基礎と土台が直接接ししないよう高密度パッキンを入れ
アンカーボルトで止めていきます。

11.【4/21】大工工事

土台が敷き終わりました。

12.【4/22】養生

基礎と土台が濡れないよう養生を敷きます。

13.【5/2】上棟前 

ゴールデンウィーク明け5月8日・9日にいよいよ上棟を迎えます!

お施主様の想いがカタチになっていきます!

写真はイメージです。

14.【5/8】上棟

お天気にも恵まれ上棟の日を迎えました。

写真は柱などを納品しているところです。

15.【5/8】上棟

仮設足場を組みながら立てていきます。

16.【5/8】上棟

17.【5/9】上棟2日目

2日目がスタートします。

18.【5/9】上棟2日目

無事に上棟が終わりました。

19.【5/11】大工工事

上棟が終わり、屋根の下地作りに入ります。

20.【5/14】大工工事

屋根の下地作りが完了しました。

次の工程は防水工事になります。

21.【5/15】養生

防水工事に入るまで雨対策で養生を敷きました。

22.5/23

開口されているところ窓が入ります。

この窓下地のことを「まぐさ」といいます。


23.5/23

ななめの長くある木は「仮筋かい」

横揺れに対して、家がゆがまないようにしているものです。
構造用合板、筋かいという耐震のための材がはいるまでの間
付けています。

仮筋交いの上のところにまぐさが見られます。
サッシがはいるところです。

24.5/23

壁には要所に筋かいが入り始めました。
仮筋かいも撤去されてきました。

外にはシャッターサッシの枠が見えています。

25.5/23

サッシが取付始まりました。

サッシが取り付けられましたら、外には「構造用合板」が張られます。耐震構造には重要な合板になります。

筋かい+構造用合板で、地震から皆様の命を守る役割を果たします。


26.5/23

たつろう大工です。
宜しくお願いします。

27.5/23

構造用合板です。

ハイベストウッドという商品になります。
【特徴】
造用として作られた高耐水、高耐久のMDFです。 他の木質材料と比較して水の吸い込みが少なく、吸水による寸法変化も小さい耐水性にすぐれた製品です。

MDF(中質繊維板)とは、ミディアム・デンシティ・ファイバーボード(Mediumdensity fiberboard)の略で、木材チップを原料とし、これを蒸煮・解繊したものに合成樹脂を加えて成形します。

28.5/23

29.5/23

南側 デッキになるところです。

サッシが入りました。

30.5/23

室内から見た感じです。

31.5/23

筋かい、構造用合板が張られてがっちりした感じが出てきました。

来週も宜しくお願いします。

32.5/27

進行具合を基礎のころに戻し、水道工事を報告します。

基礎の上には排水管を通しています。

一昔前は、基礎の下に排水管を通していました。
排水の詰りだとか何かトラブルがあったりすると、原因究明が困難になるので、今は排水管が簡単にメンテナンスできるように、基礎スラブ上に排水管を設置しています。

33.5/27

基礎立上りの配筋している状態の時に、水道屋さんは塩ビパイプを仕込んでおきます。

コンクリートを流されてもパイプを事前に入れてあるので、写真のように排水管が通しやすくなっています。


34.5/27

基礎内から外にでて、塩ビパイプを通して
下水道へと流れていきます。

写真にある排水マスは水以外のものを下水に流れないように、排水桝の底にゴミを沈殿させて、マスの底に溜めることで、下水道には水以外を流さないようになっています。
詰りなどが起きればマスを通してメンテナンスができます。
写真には写っていませんが、要所に掃除口といって半分くらい小さいマスがありそちらからもメンテナンスができるようになっています。

35.5/27

この排水パイプは完成するときには土の中に埋設されてしまうので、見えなくなりますが、生活するうえでとても重要なものになっています。

36.5/27

屋根の防水に革命を起こした、「プロムナード」です。

一般的には液体を塗布する防水が主流ですが、こちらは鋼板で作る防水になります。

屋上の可能性を広げてくれます。

屋上緑化も可能です。
塗布する防水では屋上緑化はできないことです。






 


37.5/27

プロムナード

太陽光パネルも載せることができます。
穴をあけることなく設置ができますので、雨漏りの心配もありません。

火(BBQなど)を扱っても鋼板でできているので、溶けて防水層に穴をあけてしまうということもありません。
※ただ焦げたりはしますので、火の取り扱いには注意が必要です。

平らな屋根は、この商品が出来てからは安心してお客様にオススメできるようになりました。

デザイン性にも一役買っています。

38.

関連おすすめ建築現場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。

簡単・無料資料請求