築31年 店舗付き二世帯住宅 戸建てリノベーション

東京都墨田区墨田/M様邸

1階を貸店舗にした完全分離型二世帯住宅のリノベーション。

2020年
建物/戸建て
市区町村/東京都墨田区墨田
施工価格/非公開
施工箇所/全面改装
延床面積/159㎡

1.【3/2】リフォーム工事スタート

解体工事がスタートしました。
こちらの写真は1階の解体工事の状況です。

2.【3/2】解体工事

3.【3/3】屋上小屋の解体工事

屋上小屋の解体工事が始まりました。

4.【3/4】2階解体工事

2階の解体工事がスタートしました。
こちらの写真は浴室部分の解体工事の状況です。

5.【3/7】屋上小屋の解体工事

完了です。

続いて左官工事にはいります。

6.【3/9】解体工事

2階 解体作業が終了しました。

解体工事が終わると木工事の前に水道屋さんが先行配管をします。
鉄管の水道管を架橋ポリエチレン管に交換します。
架橋ポリエチレン管は耐熱性、耐食性、耐衝撃性、衛生的に優れております。


①耐熱性
管内が凍結しても、管・継手に破損などが生じることはほとんどなく、解凍後は通常に使用できます。
高温では95℃でも大丈夫です。

②耐食性
酸・アルカリ・耐薬品性などに優れた耐食性を示し、錆の心配がありません。
昔は鉛管をしようしていたので、数十年経つとサビが生じて、継ぎ手の部分から水がぽたぽたと漏れたりしましたが、ポエエチレン管はその心配はございません。

③耐衝撃性
おもり1㎏を5mのところから落としても、管に傷などの損傷はない。

こちらのマンションではポリエチレン管を使用していますので、長く安心して使える管です。

④衛生的
内面は滑らかで水アカや湯アカが付きにくく衛生的です。

7.【3/10】解体工事

3階解体工事が完了しました。


8.3/25 防水工事

屋上
ウレタン防水絶縁通気工法
グリーン色したものが通気緩衝シート(絶縁)
プライマーの下地処理の奢写真がありませんが、プライマーは密着が良くなるように塗布し、通気緩衝シートを貼り付け、この上からウレタン防水を2回塗布して、トップコート(耐久性、ウレタンを保護するもの)を塗布して仕上げてまいります。

9.3/25 防水工事

ぴょこっとステンレスの突起物が見えるものは「脱気筒」
というものです。

日照時間が最も長い位置を選び設置します。
上記などの水分をこの脱気筒が逃がします湿気などが原因で塗膜が膨れたりするのを防ぎます。

10.3/25 防水工事

屋上の雨水などをこの穴から雨どいを通り排水されます。
排水ドレンといいます。

この筒状になっているところの内部で防水が切れて雨漏りの原因になりやすいところです。

ここはベトベトになってもいいくらい塗布しておきます。

11.3/25 防水工事

3階バルコニーです。
(2階バルコニーも同じ施工方法)

こちらはウレタン防水密着工法仕上げになります。
小さい面積などは密着工法を選択。
防水層の上から塗ることができて、塗膜を十分につけます。
絶縁工法と同様にウレタンを2回塗布して、トップコートを塗布してまいります。

現状の写真はプライマーを塗布しているところになります。



12.3/25 水道工事

本日水道工事(高橋住設さん)が施工入りました。

既存のお湯・水の管を撤去。

3階の給水・給湯管をあらたに新設しました。

13.3/25 水道工事

水色が「水」
オレンジ色が「お湯」

とてもシンプルで分かりやすいですね。

14.3/25 水道工事

前回の鉄管とは雰囲気がだいぶ違いますね。
これで数十年水漏れの心配はなくなりました。

15.3/25 水道工事

給湯器へ行く給水給湯管になります。

16.3/30

ウレタン防水絶縁通気工法
ツヤツヤ。

17.3/30

ウレタン防水絶縁通気工法

3階・2階バルコニー完了しました。

18.3/30

南側の塗装下地です。

水性カチオンシーラーを塗布

塗替え塗料の下地に塗布するものです。
上塗りの密着がよくするために塗布します。


19.3/30

隣地が狭いところでございますが、塗装できました。

この後は、防水塗料を中塗りで塗布し、仕上げ材を塗布していきます。

20.4/10

2階の給排水管工事

画面右奥に縦に伸びている管が排水の大元になります。

そちらからこの度トイレに設置する位置まで排水管を延長していきました。

21.4/10

トイレ排水管となります。

右側の職人さんが持っているのは架橋ポリエチレン管です。

給水、給湯管を洗面、トイレと配管をしているところです。

2階の水道工事はこれで完了しました。

22.4/10

大工さんです。
外周部下地をつくっています。

大工さんが水平器をあてて、垂直をみているところです。

写真ではわかりずらいのですが、赤いレーザーが壁に映っています。大事な仕事です。

23.4/10

窓枠も同時に取付られています。

窓枠を入れて、外周部の下地が完了しました。

24.4/10

室内の間仕切り下地ができました。

寝室、収納、玄関と間仕切られて、なんとなく部屋らしくなってきました。

25.4/15

3階
玄関框(かまち)が取りつけられました。

部屋に入る一番最初に出てくるものになります。

26.4/15

床下地が進んでいます。

防音アジャスターをセットして、パーティクルボード、捨貼り合板と張っています。

27.4/15

寝室になるところです。

床下地が終わっています。
この上に、オーク床材を張っていくことになります。

28.4/16

2階の木工事が始まりました。

まずは外周部の下地をつくります。

29.4/16

キッチン付近の下地になります。

30.4/17

2階です。
外周部下地が完了しました。

31.4・17

外周部できましたので、間仕切りを施工してまいります。

32.4/17

3階です。

天井下地を造作しています。
天井の下地のことを野縁(のぶち)といいます。


33.4/17

3階

鉄骨の梁の部分は、囲って下地をつくっています。

34.4/17

3階です。

梁部分囲いアップ。

明日で天井下地、野縁が終わります。

20日月曜日から3階電気工事が入ってまいります。

大工さんは一旦1階に降りまして、1階の外周部下地を作ってまいります。





35.4/20

2階です。

ユニットバス・トイレの間仕切りが出来てきました。

36.4/20

2階

寝室付近の壁下地になります。

37.4/20

3階です。

天井の下地がおわりました。

38.4/20

3階

天井下地が終わり、電気屋さんが入りますので、

大工さんは一旦1階の作業を進めて参ります。

39.4.23

2階

床断熱工事です。
ポリエチレンフィルムを敷きました。

湿気などを防ぎます。



40.4/23

2階

断熱材アクリアネクスト(105mm)
敷き詰めています。

その上にはアジャスター、パーティクルボードと床下地工事が進んでいます。





41.4/24

3階 寝室

フローリング張りました。

オーク材 
ラスティックになります。

42.4/24

3階 

フローリング
オーク材は、木の目年輪がくっきりと見えて、
かたい木(広葉樹)です。

家具やワインの樽などに広く使われている人気のある材です。





43.4/28

3階

断熱材が天井と壁入りました。

44.4/28

3階
【ネオマフォーム断熱材】
今、一番高性能な断熱材です。

数値が小さいほど、断熱性能が高いことを表す熱伝導率。ネオマフォームはトップクラスの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても、圧倒的な断熱性能を誇ります。
          

45.4/28

2階

天井下地野縁を組み始めました。
柱のところも下地をつくり、断熱材が入るように準備しています。



46.4/28

2階

木製建具下地ができています。

47.5/2 木工事

2階のフローリング工事が始まりました。


3階と同様、オーク材を仕様しております。

48.5/9

2階

フローリングが張られ、養生がされました

49.5/9

3階 
 
書斎です。
カウンターが設置されました。

50.5/9

3階

収納 側板がたちました。

51.5/9

3階

寝室

天井壁石膏ボード下地ができました。

漆喰が塗布されれば今以上に明るい部屋になります。

52.【5/12】大工工事

洗面所のニッチが出来上がりました。

53.【5/15】大工工事

キッチンの造作工事に入りました。
弊社はお客様のご要望で現場に合わせ、自由に収納を作ることが出来ます。

54.5/16

2階 天井石膏ボードが張られ始めました。

55.5/16

2階
天井ボード・梁型を石膏ボードで加工下地ができています。

56.5/16

2階
小上がり和室がこれから作られます

57.5/16

3階 

キッチン造作背面収納ができてきました。
カウンターを固定させるために木をサンドイッチにしてカウンター材を固定しています。

58.5/16

3階 

リビング収納棚

59.5/16

3階

洗面化粧台ニッチが出来ています。

60.5/22

3階

大工さんの工事も建具つり込みを残し完了しました。

61.5/22

3階 

造作材も完了してます。

内装が終わりましたら、大工さんは建具を吊りこみにもう一度戻ってまいります。

ここでいったん終了となります。

62.5/22

2階

2階のほうも大工さんの工事が終盤を迎えています。

ただいま造作物の制作に入っています。

63.5/22

2階

小上り和室です。
真ん中の列には大きく開口がありますが、そちらがテーブルの板となる場所です。

足場のほうも組んでおります。
外壁工事もこれから取りかかってまいります。

64.5.27

外壁シーリング工事
打替えが終わり、いよいよ仕上げ工事の職人さん達入ってきます。

65.5.27

シーリング工事完了

66.5.27

小上がり和室
間仕切り下地

67.5.27

小上り和室造作
フタ兼床下地ができました。

68.5/27

3階

室内も仕上げ工事と入ってまりました。

左官パテ作業
石膏ボードジョイント部分のヘコミを平らにする作業です。

69.5/27

埋込式のライティングレールが天井につけられました。

ボードにぽつぽつと穴があいてあります。
電気屋さんが開口しました。

これで内装仕上げの職人さん達の準備が整いました。


70.5/27

3階

漆喰、クロスと仕上がっていくとだいぶ明るく
仕上がっていきます。

関連おすすめ建築現場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。

簡単・無料資料請求