吹き抜けを活かした築19年メゾネットリノベーション

東京都葛飾区柴又/M様邸

デザインコンクリートや黒板の壁などこだわりをカタチにしたメゾネット・リノベーションです。

2019年
建物/マンション(メゾネット)
市区町村/東京都葛飾区柴又
施工価格/非公開
施工箇所/全面改装
占有面積/94.14㎡

1.【11/18】解体工事

解体工事が始まりました。
置き床を剥がして床を20cmほど下げました。

2.【11/19】解体工事

キッチンの解体工事が完了しました。
もともと壁沿いにL型に備え付けられていたキッチンは、リノベーション後には対面式に変更します。

3.【11/22】解体工事

洗面脱衣室の撤去。
床から立ち上がっている管を傷つけないよう、慎重に解体を進めていきます。

4.【11/22】解体工事

こちらはメゾネット上階の洋室。
斜め天井に対して水平に照明器具が取り付けられていました。その下地もリノベーションには不要となるため撤去しています。

5.【11/22】解体工事

玄関のタイルも剥がしました。
ここは今回のリノベの最大の見せ場でもある「デザインコンクリート」仕上げへと変わります。お楽しみに。

6.【11/22】解体工事

リノベーションといっても、すべてを壊すわけではありません。
既存の内装材のなかでも再利用できるモノは、キレイに取り外して保管します。
「壊す箇所」と「壊さない箇所」を明確に切り分けることで、コストダウンにもつながります。
今回は、洋室扉と枠を残しました。

7.【11/25】先行配管

解体工事が終わると木工事の前に水道屋さんが先行配管をします。
写真の青の管とオレンジの管が水道管で架橋ポリエチレン管を使用しております。
架橋ポリエチレン管は耐熱性、耐食性、耐衝撃性、衛生的に優れております。


①耐熱性
管内が凍結しても、管・継手に破損などが生じることはほとんどなく、解凍後は通常に使用できます。
高温では95℃でも大丈夫です。

②耐食性
酸・アルカリ・耐薬品性などに優れた耐食性を示し、錆の心配がありません。
昔は鉛管をしようしていたので、数十年経つとサビが生じて、継ぎ手の部分から水がぽたぽたと漏れたりしましたが、ポエエチレン管はその心配はございません。

③耐衝撃性
おもり1㎏を5mのところから落としても、管に傷などの損傷はない。

こちらのマンションではポリエチレン管を使用していますので、長く安心して使える管です。

④衛生的
内面は滑らかで水アカや湯アカが付きにくく衛生的です。

8.【12/3】床が上がっている理由

現状のコンクリートの床から20センチほど床が上がっています。
これは、排水管の高さに合わせてこのような床になっています。
床を上げる分、各部屋はフラットになり、歩きやすくバリアフリーになります。床をあげることで、水廻りの移動は簡単にできます。

9.【12/3】床を上げるための下地材 (防振アジャスター)

こちらの写真は別現場になりますが、防振アジャスターというものになります。(床の上に転がっているもの。真ん中らへんの写真にある、コンクリート床と接している四角形のもの)

コンクリートに設置するところにゴムがついています。
このゴムが音の衝撃を吸収し階下に音の軽減をします。

マンションの床の仕上げ方は何種類かあります。
コンクリート直の場合の仕上げ方。 
遮音フローリング床材か、またはカーペット。

もう一つは現在の仕上げ方のように床を防振アジャスターで上げて、フローリングを張る施工方法です。

床を上げることでフローリング種類の幅が増えますので、いい事があります。


10.【12/3】遮音フローリング

ちなみにこちらが遮音フローリング。
裏には衝撃を吸収するための材が施されています。

11.【12/3】

壁(躯体)に取り付けている木はアカ松という木になります。

よく私たちの間では束で発注しますが、そのときは「垂木」(たるき)をください。
というように材木屋さんにいいます。

垂木には太さが何種類かあります。

「30㎜×40㎜」と「40㎜と45㎜」があります。



12.【12/3】間仕切り

間仕切りです。

垂木を使います。
横に桟をいれることでより強化された間仕切りとなります。

関連おすすめ建築現場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。