築35年戸建てリノベーション

東京都江戸川区江戸川/K様邸

ペットと暮らすシニアリノベーション

1.【8/20】解体工事

解体工事がスタートしました。

2.【8/22】基礎工事

解体工事が終わり、床の下地を作る前に地面から上がる湿気を防ぐためにビニールシートを張ります。

3.【8/23】基礎工事

鋼製束(床の下地となる木を支える金属)を組み、その上に大引きという床下地を渡していきます。

4.【8/27】断熱工事

床の下地組みが終わり、断熱材を敷き詰めました。断熱材の厚みは45mmあります。これで底冷え対策もバッチリです。

5.【8/28】木工事

断熱材を敷き詰めた床の上に、ベニヤ板を張ります。

6.【9/1】木工事

壁の内側にも断熱材を入れ、さらに断熱性能が向上。フローリング張りも順調に進んでいます。

7.【9/9】木工事

フローリング張りが終わり、続いて壁に石膏ボードを張っていきます。

8.【9/24】内装仕上工事

石膏ボードを張り終えて、大工が担当する木工事が完了。続いて内装の仕上げ工事が始まります。
キッチンや吊戸棚を汚さないよう、丁寧に養生をした上で、ボードの継ぎ目の凹凸を平らにする「パテ打ち」という下地処理をおこなっていきます。
壁や天井に白く塗られているのがパテです。この上からクロス(壁紙)を貼っていきます。

関連おすすめ建築現場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。