敷地12坪で叶えたアクティブライフを楽しむ3階建て

東京都江戸川区東瑞江/K様邸

2020年
東京都江戸川区東瑞江
工法/木造軸組工法
総建築費/2,560万円(税抜)
建築面積/24.98㎡(7.56坪)
仕様/低炭素住宅・耐震等級3

街行く人の視線を奪う印象的な外観

キューブ型を組み合わせた外観は、シンプルながら一度見ただけで印象に残る個性的なデザインに。アクセントに天然木のパネルを採用することで、より個性的な仕上がりになっています。

収納量が自慢の玄関スペース

玄関ドアをあけると、大容量のシューズクローゼットが広がります。奥行き感を出すために、クローゼットは床から浮かせたデザインにしています。玄関の床には水や傷に強いタイルを採用しているため、雨の日に帰宅しても水濡れが気になりません。

家事動線に優れたダイニングキッチン

帰宅した家族が必ず通るよう、動線をデザインしたダイニングキッチン。造作のカウンターと収納によって、目的のものにすぐにアクセスできるよう計画しました。キッチンの上部には見せる収納カウンターも備えています。キッチンは収納性に優れたLIXILのアレスタをチョイス。床材はパインの無垢材を採用しました。

ボルダリングウォールのある暮らし

体を動かすことが大好きなご家族のために、ダイニングの壁にはボルダリングを楽しめるスペースを設計。専用の工具を使って、クライミングホルダーの位置を変えられるため、さまざまな難易度のルートに挑戦することができます。このボルダリングウォールは、2階の廊下と吹き抜けでつながっています。

収納と階段を兼ねたスキップフロアの小上がりリビング

床から40cm上がった小上がり和室のリビングは、ほどよい大きさによって籠り感を味わえるリラックス空間です。小上がりにしている理由は2つあり、1つは畳下を収納として利用できること、もう1つは小上がりを階段の一部として設計できるためです。まさに機能とデザインの両方を兼ね備えた空間となっています。

ファミリークローゼットを備えた寝室

2階に上がると、クローゼットを備えた寝室が広がります。ビタミンカラーの壁紙で元気が出る空間づくりを心掛けました。風通しにも気を配り、バルコニーも設けています。

テレワークにも自習室にも最適なアトリエスペース

約2畳の空間にスタディカウンターと書棚を設けて、テレワークや勉強に集中できるスペースを設計。ここでは絵を描いたり、読書をしたり、「個」の時間を楽しめるようデザインしました。コロナ禍のなか、新たな生活様式としてオススメしたい空間です。

光の通り道となるホールを兼ねた階段室

蹴込みを省略したストリップ階段を採用することにより、光が階下に抜けるようデザインした階段室。1階からボルダリングウォールが伸びる壁も一部を吹き抜けとし、さらにホールには強化ガラスの床を備えることで、階下に光が通りやすいよう工夫しました。

オリジナルの造作洗面台

毎日使う洗面化粧台は、お気に入りの洗面ボウル、水栓金具、タイルを組み合わせて個性的な空間に。収納を兼ねたミラーキャビネットやニッチスペースなども、細部までイメージ通りに仕上げました。

シンプルな動線を極めたサニタリースペース

脱衣室、お風呂、洗濯機置き場、洗濯物干し場をひとつながりにすることで、洗濯にかかる動線を最適化。移動を極力減らすことで、家事の負担を減らし、暮らしにゆとりをもたらします。

空を眺められる大きな窓と、ロフトを備えた子ども部屋

「いつも空が見える家に暮らしたい」そんなリクエストにお応えして設計した子ども部屋には、空を一望できる大きなFIX窓を。わずかなスペースでもゆとりをもって過ごせるよう、天井高を上げてロフト空間をデザインしました。これにより床スペースが増え、のびのびと過ごせる居住スペースが生まれました。

自作のアートなアクセントウォールと壁紙が特徴的な子ども部屋

こちらの子ども部屋もロフト空間を設けて、限られたスペースでも広がりを感じられるよう工夫しました。さらに、漆喰の壁にビーズを埋め込み、世界でたった一つのアクセントウォールを作成しました。壁紙も一面を爽やかなブルーのデザインにすることで、心躍る空間になりました。

関連おすすめ建築実例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。

簡単・無料資料請求