内と外の両方を楽しめる築9年マンションリノベーション

東京都江東区塩浜/T様邸

アウトドアが趣味のご家族が、庭付きのマンションを見つけたことでスタートしたリノベーションプロジェクト。LDKのレイアウト変更を中心に、ライフスタイルにあわせた暮らし方をご提案しました。

2021年
建物/マンション(築9年)
市区町村/東京都江東区塩浜
施工価格/665万円(税抜)
施工箇所/部分改装
工期/3か月
専有面積/69.11㎡(20.94坪)

Before

築浅ということもあり、比較的キレイだった水回り(キッチンを除く)はそのまま活かし、LDKの造作家具を中心にメリハリをつけたリフォームをすることに。既存のレイアウトを活かしながら、ご家族らしさを実現するパーツを付け加えていく、そんなプロセスを楽しみながら進めていきました。

採光と採風、収納を意識したエントランス

もともと洋室だった空間を間仕切り、玄関からつながるエントランスへと拡張しました。シューズボックスは造作で仕上げたオリジナルで、床から浮かせたデザインにすることで、空間に広がりを与えます。また既存の窓に加え、子ども部屋との壁に内窓を設けることで、採光と採風も意識した設計となっています。エントランスの床はお手入れのしやすいタイル仕上げに。

ベッドとデスク、収納を備えた子ども部屋

コンパクトなスペースながら、子どもの「勉強する」「寝る」「収納する」を造作家具によってすべて実現できるプライベートルーム。既製品では対応できないスペースにも、造作家具であればミリ単位で仕上げられるため、あらゆるリクエストにもお応えできます。

使い勝手をさらにアップデートしたWIC

既存のウォークインクローゼットをさらに使いやすく改良するため、店舗用に使われる金物を採用した壁付けの可動棚をご提案しました。また、壁の一部を有孔ボードで仕上げることで、ハンギングでの収納も可能になり、収めるアイテムのバリエーションも広がります。

木目と斜めに配置したTVボードが特長のリビング

リビングは斜め方向にスペースの広がりを感じられるレイアウトとし、かつ空間を無駄なく有効活用できるアイデアを具現化しました。天然木をフェンスのように目透かし仕上げしたTVボードは、裏側から棚板の高さや位置が調整できる構造に。さらに裏側には部屋干し用のハンガーパイプを備え、急な雨にも対応できる空間になっています。ボードの一番下は引き出し収納として無駄なく活用できる点もポイントです。また、リビングの一角に簡易的なワークスペースと収納を設けました。

夫婦揃って料理を楽しめるセパレートキッチン

キッチンはメラミンの天板が特長のGRFTEKTを採用。落ち着いたカラーリングで、LDKにマッチしたデザインとなっています。キッチンの形状はセパレートタイプとし、ご夫婦が一緒にキッチンに立てるレイアウトにこだわりました。キッチンまわりの収納も造作家具で仕上げているため、わずかな無駄もなく、ご家族の理想を叶えることができました。見せる収納用の棚も◎。

大人も子どもも使えるワークスペース

ダイニングキッチンの近くに設計したワークカウンターは、テレワークにもお子さまの学習にも最適なスペースです。十分な広さをとっているため、同時に作業をしても、それぞれ余裕をもって使うことができます。デスクの下には書類や冊子などを収めることができる引き出しも備えています。また、壁はマグネットが付けられる仕様になっているため、お気に入りのポストカードや、大切な書類を貼っておくことも可能に。

外国のインテリアのような収納を兼ねたダイニング

キッチンにあわせて造作した収納カウンターは、ダイニングテーブルの高さと揃えて統一感を。海外のインテリア雑誌に出てきそうなシンプルな色使いと使い勝手の良いデザインで、上品な空間を叶えています。

穏やかな時間を味わえるハンモック

窓辺に備えたハンモックは、外の景色やテレビを楽しみながら穏やかな時間を満喫するためのご提案です。省スペースでも十分にハンモックの揺らぎを楽しめる一点吊りのタイプをセレクトし、動線を妨げないよう配慮しました。

プライベートガーデンをグリーンでコーディネート

この物件を購入する決め手の一つになったプライベートな庭スペース。グリーンでコーディネートすることで、さらに自分たちらしい空間へとアップデートすることができます。マンションに住みながら、まるで戸建てのような雰囲気を味わうことのできる貴重な空間です。

関連おすすめ建築実例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。

簡単・無料資料請求