築35年マンションリノベーション

東京都江戸川区清新町/Y様邸

子どもの成長にともない、暮らしの変化に対応するマンションのリノベーションを計画。子ども2人の個室を確保しながらも、最小限の空間に。そのぶん、家族みんなが集まる広いリビング空間と、誰もが利用できる書斎をデザインしました。

2019年
建物/マンション(築35年)
市区町村/東京都江戸川区清新町
施工価格/1,200万円(税抜)
施工箇所/全面改装
工期/3か月
延床面積/87.00㎡

Before

オーナーご家族が見つけた4LDKの築35年マンションは、採光は申し分ないものの、「寒さ」が気になる物件でした。また、独立した閉鎖的なキッチン室、カーペットの床など、現在の価値観とは異なる設計や仕様になっていた点も、リノベーションによって大きく暮らしを変えるポテンシャルを秘めていました。

収納にこだわった玄関スペース

玄関の正面には高さを上げて、抜け感を演出したシューズクローゼットを造作。上部はオープンなディスプレイスペースとし、季節の小物をさり気なく飾ることができます。

クローゼットの対面には収納を設け、左半分をシューズクローゼット、右半分は外出時に使う大ぶりなアイテムが収められるようにデザインしています。

グレーカラーで落ち着きのあるリビングタイムを

今回のリノベーションはくすんだブルーやグレーをアクセントカラーに用いたシンプルな北欧テイストとグレージュのコンビネーション。奥様こだわりの素材感のある優しいベージュカラーの石目タイルを貼ったアクセント壁。造作のテレビボードも備え、家族が集うLDKの中心となりました。

ご主人がサイズと質感にとことんこだわったダークグレーのソファ。4人家族全員をゆったりと包み込む、理想的なくつろぎ空間になりました。さらに後日、ヘッドレストも追加されました。今頃きっと、極上の座り心地を家族みんなで味わっていることでしょう。

リビングから二段上がった位置にあるガラス格子の先の書斎エリア。そんな広がりや奥行きも含めて、ゆとりを感じるLDK空間となっています。オーナーご夫婦が一番こだわったのは、グレージュ(グレー+ベージュ)のフローリング(LIXILラシッサDラテオ/ウォルナット)。今年も引き続き人気のカラーは、空間全体をほどよいグレージュカラーでまとめることで、透明感のある空間に。さらに高機能で防音L45をクリアしています。

家族が自然と集まるダイニングスペース

キッチンカウンターと書斎の間に位置するダイニングテーブル。コンパクトながらも家族全員が食事を楽しめるよう、ラウンドタイプのテーブルをご提案しました。

テーブルからソファへと、来客があっても様々なタイプのレイアウトが可能となります。フレキシブルに対応できるのは嬉しいですよね。

テーブル上部には、ペンダントライトを配置。電球色のライティングが、温かな食事のシーンを演出します。

キッチンは見た目も機能も譲れません

キッチンはグレージュな床とも相性バッチリの、同じトーンの木目タイプをセレクト。I型のキッチンカウンター後ろには、家事動線にこだわったカップボードや大容量の収納棚を配置。

アクセントにグレー、ブルーに加えてグリーンカラーもミックスされたモザイクタイルを貼ることで、室内のグリーンとの調和も図ります。

奥様憧れのパントリーで、収納力と作業性がUP!!

パントリーに設計したL字のカウンターは、サブの作業スペース。お弁当の盛り付けや、お手伝いをしてくれるお子さまとの共同の作業スペースとして活躍します。カウンター下はトールタイプのゴミ箱を収納できるよう空けてあります。

奥に設けた家電タワーボックスは、各調理家電がピッタリと収まる設計に。炊飯ジャー用にスライドレールを取り付けています。

家族みんなで使える小上がりの書斎

もともと畳だったスペースは、小上がりの書斎に。全体のトーンに合わせた優しいグレーのタイルカーペットにすることで、ちょっとモダンに。白をベースに、アクセントカラーのくすんだブルー&グレーの壁に、ガラス格子やタモの木目が印象的なブックシェルフなど、『北欧テイスト×和モダン』な書斎空間になりました。

なお、今回のリノベーションではすべてのサッシに内窓(LIXILインプラス)を追加し、断熱性能が飛躍的に向上しました。デザイン性だけでなく、住み心地にも配慮したご提案をしています。

ホテルライクな洗面化粧台で素敵な一日を

メタリックなラメ感のあるグレーの濃淡の壁に、高級感のあるダークな木目のカウンターが映える、ホテルライクな設えの洗面空間。

洗面台の背面には、小物やタオル類を収納できるクローゼットを備えました。パイプスペースを隠すロールスクリーンは、2019年のミラノサローネでも人気のグレージュにピンクをアクセントに加えるカラーリングを意識した奥様セレクトです。

造作の洗面台は、木目のシートがオシャレなだけでなく、継ぎ目のないボウルをセレクトすることで、お手入れしやすく機能的なデザインが◎。

リラックスタイムを演出する水まわり

もともと1216サイズだったバスルームを1616へと拡大。その分、子ども部屋は圧縮されましたが、毎日使うリラックスタイムがより充実したものに。アクセントパネルは黒の石目調をチョイス。LIXILのなかでも不動の人気を誇るデザインパターンです。

トイレはタンクレスタイプを採用したため、シンプルな手洗い器も備えました。北欧感のあるアクセントクロスを背面に。

照明計画で質の高い眠りをサポート

主寝室はヘッドボード上部に調光機能付きの間接照明を。スムーズな入眠を促す環境づくりを意識した照明計画をご提案しました。ディスプレイアイテムの演出光としても効果的です。

シンプルな機能とポップなデザインの子ども部屋

お子さまのリビング学習を希望されていたため、必要最低限の機能を満たした子ども部屋。それぞれのフロアには、白ベースにお気に入りのアクセントカラーを一面ずつ加えています。さらに、子ども部屋ならではの、こんな遊び心をプラス。収納の中の壁紙はそれぞれお気に入りの柄物をセレクト。扉を開くと現れるポップな空間があれば、お片付けも楽しみながらはかどる……かな(笑)。

関連おすすめ建築実例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。