『 照明の楽しみ方 』

こんにちは。世間はコロナウイルスの影響で人が集まる場所は危険とされ、家で映画を楽しんだり、音楽や読書を楽しむ時間が増えましたね。けれど、同じ空間にずっといるのは飽き飽きしてしまいます。

今回は空間演出のひとつである『照明』について、ご紹介します。最近は住宅でもIoT化が進み、スマホひとつでエアコンやTVの操作、外出先から家族の帰宅状況等が確認できるようになり、照明も同じようにスマホで操作ができるようになりました。照明のあかりは、大きく分けて3色展開が標準となり、昔から馴染みのある蛍光灯の白い光の『昼白色』、日中から夕方にかけ柔らかく温かみのある『温白色』、夕日のオレンジ色『電球色』の3色です。この3色の照明を1つの器具で変化させることと、明るさの調節が可能なため、時間や用途に合わせて照明の使い分けが可能となります。

わたしたちアースでは、コイズミ照明の『TRee(ツリー)システム』という照明システムを標準仕様としてご提案しています。TReeシステムはシーン設定が可能で、例えば「おはよう」「おやすみ」「映画」という設定をすると、その時間帯や用途に合わせて照明の明るさ設定が簡単に切り替わるようになっています。スピーカー操作も可能なので、例えば「Alexa(アレクサ)、おはようのモードにして」と、話しかけると目覚めのよい明るさへと切り替えてくれます。料理中に手が離せない時や、両手に荷物を抱えている時などに便利そうです。家にいながら、まるで映画の中にいるような演出ができるなんて、夢みたいな話です。コイズミ照明のHPにTReeの詳細がありますので、ご興味がある方は、ぜひご覧になって下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう!

アースの最新の話題を
お届けします。

簡単・無料資料請求