白のガレージハウス

2017年
江戸川区春江町
工法/テクノストラクチャー工法
総建築費/2,830万円(税抜)
建築面積/35.42㎡(10.7坪)
仕様/耐震等級3

外観

北側斜線をクリアしながらキューブ型のデザインに仕上げた外観。窓のラインに合わせた天然木のアクセントが印象的です。このアクセントは意匠性だけでなく、雨だれ汚れが目立たないようになるというメリットもあります。

ガレージ

クルマやバイクいじりが大好きなオーナーが、趣味に没頭できる空間として設計したシャッター付きのインナーガレージ。奥行きを活かして、たくさんのバイクを収めることができます。作業中に手を洗えるよう水場を設けている点や、タイヤ痕が目立たないよう床をデザインコンクリートで仕上げている点がポイントです。

中庭

ガレージ奥に配置した中庭。ここから光を室内に採り入れることができます。外部からの視線をシャットアウトしているため、プライバシーも確保できるよう設計しました。

リビング

床をメープル(カエデ)の無垢材で仕上げたリビング。ナチュラルで明るい空間が広がります。大工の手づくりによるオリジナルのテレビボードは、床との間に隙間を設けることで広がりが生まれるようデザインしました。

ダイニング

キッチンと組み合わせた造作カウンター。調理、配膳、食事、片づけの一連の動線をイメージし、使いやすさに配慮したサイズおよびレイアウトとなっています。

キッチン

背面にカウンターと収納を備えた対面式キッチンは、シンプルなホワイトカラーをチョイス。収納側の壁はグレーのアクセントクロスで仕上げました。

階段

リビングから上階にあがる階段は、蹴込みを省いて光が通る設計に。空間につながりが生まれ、スッキリとした印象に仕上がりました。

洋室

南側に4つの窓をリズミカルに備えた3階洋室。北側斜線の勾配を利用した収納や、天井の高さいっぱいまで伸びるハイドアなどが特徴です。

収納

オーナーのもう一つの趣味、「花の栽培」を楽しめるウォークインタイプの収納。南側に大きな窓を設けることで、花にたっぷりの日光を届け、成長を促進します。定期的な水やりを手軽に行えるよう、専用の手洗いを備えました。

バルコニー

北側斜線をかわした部分はバルコニーとして活用。心地よい風を味わえるスペースが、暮らしのなかに生まれました。