心地良くつながる家

2016年
市川市広尾
工法/木造軸組工法
総建築費/3,160万円(税抜)
建築面積/50.19㎡(15.2坪)
仕様/長期優良住宅

外観

目地のない美しい仕上がりが特長のsto塗り壁工法を採用した外壁。メンテナンスサイクルを伸ばし、ランニングコストを抑えるメリットもあります。アクセントに天然木の外壁材を用いることで、印象的な見た目を実現しました。

ダイニング

二世帯住宅の親世帯がメインで暮らす1階のダイニングスペース。キッチンと一体となる造作カウンターは、家族が集まる食卓はもちろんのこと書き物や読書など、ワークスペースとしても活用できます。中庭を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてもらえるような空間を設計しました。

キッチン

料理が得意なお母様が吟味して選んだキッチン。ビルトインの食洗機やオーブンレンジを備え、これまで以上に料理を楽しめる仕様に。キッチンからカウンター越しに見える壁は、食欲を促すビタミンカラーをチョイスしました。背面に備えた造作のカップボードは、食器や調理家電の収納だけでなく、食材のストックにも役立ちます。

中庭

建て替え前の家の庭を再現した中庭。いままで大切に育ててきた木を植えなおし、ウッドデッキで縁側を製作しました。室内に光と風を呼び込むため、家の中心に設けたこの中庭へは、ダイニング、廊下、和室の三方向からそれぞれアクセスすることができます。

和室

ゆっくりと腰を落ち着けてくつろぐことのできる和室。畳の下は収納になっているため、普段使わないアイテムをしまっておくことができます。また、中央の畳2枚分のスペースは掘りごたつにすることで、親戚や友人を余裕をもって迎えられる点もポイントです。

洗面化粧台

玄関横に設けた造作の洗面エリア。帰宅後すぐに手を洗うことができ、またゲストが訪れた際にも気兼ねなく使っていただけるよう配慮しました。オーナーみずからセレクトしたお気に入りのタイルとボウルが特徴です。洗面横の格子を斜めに配置することで、壁のような圧迫感をなくしながら、玄関側から室内が丸見えにならないようデザインしています。

バスルーム

一日の疲れを癒すバスルーム。外部からの視線を遮りながら大きな窓を設け、開放的なバスタイムを楽しめるようデザインしました。内装はモノトーンカラーで統一し、落ち着いた空間をイメージしています。

洋室

ワークスペースとベッドルームを兼ねた洋室。壁の一部をブルーに仕上げ、単調な空間にならないようアクセントを入れました。また、たくさんの服を収納できるよう、ゆとりのあるクローゼットも特長です。

セカンドリビング

親世帯と生活時間帯の異なる子世帯のために設計したセカンドリビング。親世帯の寝室から遠ざけてレイアウトすることで、生活音を過度に気にすることなく暮らせるようデザインしました。造作のミニキッチンは、ホームパーティーを楽しむ際にはバーカウンターに変わります。プロジェクターと100インチのスクリーンを備え、休日は自宅で映画を思う存分楽しむことができます。

ルーフバルコニー

重歩行が可能な屋根材を使った屋上。ゆとりをもって洗濯物を干せるスペースと、気持ちの良い空を感じられる空間が特長です。