【2/22-3/31】全国グランプリ受賞作品展

2019/2/21

住宅施工例コンテスト
全国グランプリ受賞作品展
『7坪のZEH』(ナナツボノゼッチ)

開催日/2019年2月22日〔金〕-3月31日〔日〕
会場/東京都江戸川区篠崎町2-63-17(都営新宿線「篠崎駅」より徒歩10分)
開場時間/OPEN 10:00―CLOSE17:00
入場料/無料
※平日のご入場はご予約制とさせていただきます(予約先:0120-37-8491)
※予告なく休館とさせていただく場合がございます。ご了承ください。

- 誰が決めたんだろう。「持ち家は、家族が増えてから」って。 -

 世の中に溢れている住宅の多くは、3~5人家族がゆとりをもって暮らせる家だ。そうなると、必然的に価値の基準が「家の広さ」になるのは仕方がない。しかし、DINKS、団塊世代、LGBTカップルなど家族の在り方が多様化する現代において、3~5人家族だけが満足できる社会で本当にいいのだろうか? 都市で暮らすことを選んだ二人は、我慢をしながら賃貸住宅で暮らしたり、扱いきれないほど大きな家に住むことを余儀なくされたり、住宅サイズと住み手の「ミスマッチ」に直面している。二人暮らしにフィットする家を見つけるのは、いまの都心では本当に難しい。なかでも、新築戸建てはもっとも難しい選択肢だと断言できる。
 たとえ人生の通過点となる家であっても、終の棲家になろうとも「まさにいま、いい家で快適に暮らしたい。手の届きやすい価格で」という欲求は誰しも抱えている。その問題解決のカギとなるのが、空き家問題の一因である需要の低い狭小地の活用。3~5人家族には狭く感じる土地でも、二人暮らしにはちょうどいい。そこに省エネルギーで長寿命の住宅(=ゼロエネルギーハウス)を建てることで、個人だけでなく社会にとっても高い資産価値を形成できる。
 さらに、将来的に家族構成やライフスタイルの変化が生じた二人が、自分の「子孫」ではなく、かつての自分たちと同じような「二人暮らしをする誰か」にこの家を譲ることで、“家は受け継ぐもの”という考えから“住み継ぐもの”へとパラダイムシフトする。人類が目指す持続可能な循環型社会にとって、この『7坪のZEH』が大きな希望となることを心より願っている。

Earth Inc. Tokyoデザイナー
橋本 雅志

LIXIL MEMBERS CONTEST【新築部門 全国グランプリ受賞】

LIXIL MEMBERS CONTESTは、全国14,000社以上の工務店、リフォーム店が、お客様にとっての“いい住まい、いい暮らし”をいかに実現するか競う、国内最大規模を誇る住宅施工例コンテストです。
https://www.ii-ie2.net/contest/contest2018/new_grand.html

審査員総評

「狭小地で性能のよい住宅」のニーズに応えた好例。充てん+外張りの断熱加工で外皮性能を向上させ、快適な住空間を提供している。また、都市部特有の隣地が迫る環境のなか、太陽光パネルを設置して、ZEHにもチャレンジした精神が評価された。トップライトの配置などにも工夫が見られ、暗くなりがちな玄関まわりも明るい雰囲気に。コンパクトな空間に、必要な機能と快適性がぎゅっと凝縮されている。

『7坪のZEH』SPECIFICATIONS

◎敷地面積:46.13㎡(13.9坪)◎建築面積:22.93㎡(6.9坪)◎延床面積:45.86㎡(13.8坪)◎性能:認定低炭素住宅/ZEH(ゼロエネルギー住宅)/BELS☆☆☆☆☆/外皮平均熱貫流率(Ua値):0.51/熱損失係数(Q値):1.7/相当隙間面積(C値):0.6/太陽光発電量:3kW◎構造:木造軸組工法◎階数:地上2階建て+ロフト◎所在地:東京都江戸川区篠崎町(地域区分6)

『7坪のZEH』の詳細をみる
http://earth-official.net/order-arc/4990

 ACCESS


東京都江戸川区篠崎町2-63-17(都営新宿線「篠崎駅」徒歩10分)
※会場に駐車場はございません

主催

株式会社アース(Earth Inc. Tokyo)
東京都江戸川区一之江2-1-15
TEL:0120-37-8491
WEB:www.earth-official.net
E-mail:home@earth-official.net
建築業許可:東京都知事(般-29)第129512号
建築士事務所登録:東京都知事 第13251号

簡単・無料資料請求