【 北区 二世帯リノベーション住宅】外壁・石膏ボード

2019/3/25

ただいま外壁工事が進行中で、一歩ずつ仕上がりへと近づいています。
外壁は、左官屋さんが手塗りで施工する塗り壁仕上げとなります。
その左官下地となるサイディングを張っていきます。

ちなみに表面の仕上げに使う塗り壁材は、世界No.1のシェアを誇るsto社の材料を採用。
クラック(ヒビ)が入りづらく、目地のない美しい仕上げが特徴です。

2階バルコニーは、壁と天井にケイカル板を張っていきます。
ケイカル板は「ケイ酸カルシウム板」といい、不燃性と非腐食性が特徴です。
強度に優れている点からも、安心して使用できる材料のひとつ。
さらにこの上から木の材料を張ることで、温かく柔らかい表情に仕上がります。

1階玄関

2階洗面脱衣室とリビング間仕切りは、アール壁の下地になります。
壁下地に曲げベニヤを張って仕上げていきます。

浅見大工も追い込みに入ってきました。
造作するカップボード、洗面カウンター、本棚など繊細なところを仕上げていきます。

簡単・無料資料請求