【 江戸川区江戸川 店舗付き住宅】屋根、防水工事

2019/3/16

大工さんがつくった屋根下地に、金属防水「スカイプロムナード」を施工しました。

それでは施工の手順を追ってみましょう。(※他物件で撮影した画像です)

1)まずは湿気防止用のシートを張り、金物で固定


2)排水の箱樋を設置します。ここに雨水が流れるようになります。

3)屋上全体にシートを敷きます。

4)下地の時に出来ていた凹みはこのためです。
この受け金物の箇所で鋼板がジョイントされます。
万が一、漏水してもこの金物が水を受けてくれて、箱樋に流してくれるので階下に水がまわることがありません。

5)仕上げの鋼板はこのように丸まって搬入されてきます。

6)仕上げの鋼板の上にジョイント材を入れて完成です。

鋼板なので劣化することなく、故意に傷つけない限り、穴が空く心配がない防水施工です。
屋根のような感じがしますが、メーカー曰く、あくまでも「防水です!」とのこと。

↓こちらが完成の様子です。

これで雨が降っても安心です。メーカー保証も10年ついております。

屋内では、大工による木工事が進んでおります。
床の施工が完了したため、傷がつかないよう隅々まで養生をします。
この養生の仕方ひとつで現場の美観が大きく変わります。

ちなみに床の完成イメージはこのようになる予定です。

 

簡単・無料資料請求