【北区中里 新築3階建て】階段施工

2019/2/19

格子の組み立てが終わり階段まわりの施工に入っております。
壁に埋め込まれている黒い受け金物は、「アングル」と呼ばれる階段の踏み板を支えるパーツです。
これに踏み板をビスで留めると階段として、しっかりと強度を持たせることが可能になります。

階段を下から見上げた様子です。大工の技術がしっかりと息づいています。
また、アングルを壁に埋め込むメリットとして、ササラ桁の代わりになり、階段をスッキリと仕上げることができます。
ササラ桁とは、階段の踏み板を真ん中あるいは両側で支える板のことです。(下画像を参照)

こちらが格子とアングルを使ったストリップ階段の完成イメージです。
照明や風なども抜け、奥行きのある開放感が生まれます。

簡単・無料資料請求