「暖かく暮らす家」 見守る木

2018/2/1

建て替え前の天井に使われていた桜の木です。

家が新しく姿を変えてもずっと側にいます。

泣いたり笑ったりした毎日をずっと見守ってきたこの木。

これからは、「お義母様に幸せに過ごして欲しい」と願う奥様の思いを感じながら、

優しく暖かく寄り添ってくれるでしょう。